【もしかしてアドセンス狩り?】合格からたった2ケ月でアカウント停止になった体験談

ブログ運営

こんにちは、とねっこです…

前回の記事【Googleアドセンス】価値の低い広告枠(作成中のサイト)で落ちた私が合格するまでにやったことから2ケ月ほど経った頃。

突然Googleからアカウント停止のメールが届き、当サイトでアドセンス広告が表示されなくなりました。

違反になるような行為に心当たりがなかったため、Googleに申し立てをしましたがアカウントは復活しませんでした。

しかし、アドセンスに合格したばかりの方や今まさに同じ体験をしている方の役に立てればと思い、自分の体験談をまとめました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

Googleからアカウント停止のメールが届く

ある日、Googleからこのようなメールが届きました。

事前に何の警告もなく本当に突然で一発停止。アドセンスにログインすらできなくなりました。

ちょっと難しい文面ですが、簡単に言うとこういうことだと思います。

あなたのサイトで不正行為があったのでアカウント停止にさせてもらいました。

でも、停止の理由は教えられません。

アカウントを復活させたい場合は1度だけ申し立てが可能です。

ただし、自分のサイトのコンテンツに問題がないかよく確認して、問題があるなら対処してください。

それがなければ何が停止の原因なのか自分できちんと調べて、その分析結果を送ってくださいね。

せっかく苦労して合格したんですから復活させたいです!

まずは「無効な操作」とは何を指すのか調べました。

無効な操作とは?

これがGoogleが定義している「無効な操作」です。

無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

無効なトラフィックの例は次のとおりです。

  • サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

出典:Adesenceヘルプ「無効なトラフィックの定義」

分かりやすく言うとこんな感じです。

■自分で自分のサイトの広告をクリックするズルはダメです。

もちろんそんなことはしていません。

■見ず知らずの人や身内であろうと、何度も広告をクリックされたらアウトです。

これは、自分の友人や家族が良かれと思って繰り返し広告をクリックした場合も該当します。

私は友人や家族にブログをやっていることは話していません。第三者による大量のクリックも見られませんでした。

以下の記事は、実際に友人による善意のクリックでアカウント停止になってしまった方の体験談です。しかしGoogleへの申し立ての末、アカウントが復活したそうです。

参考記事>>>アドセンス狩りで停止になったgoogleアドセンスのアカウントを復活させる方法

■例えばこうやってユーザーに広告をクリックさせるようなことはしないでくださいね。

  • 広告のすぐ近くに「↑」「↓」などの矢印や、「この広告をクリックしてね!」「ご協力お願いします!」などの文言を表示させて、あきらかに広告クリックを誘導すること。
  • リンクや画像のすぐ近くに広告を貼り、それらが直接関係しているとユーザーに誤解を与えること。
  • メニューのプルダウンがかぶるような広告配置をして、誤クリックを招くこと。

その他にも禁止されていることがあるので、Adesenceヘルプ「広告のプレースメントに関するポリシー」を読んでみてください。

もちろん、これもしていません。

■機械にズルさせるのもダメですよ。

そのやり方すら知りません!

 

…以上、自分が当てはまるものは1つもありませんでした。

その後、第三者による迷惑行為の可能性を考えて再び調べてみると、「アドセンス狩り」という何やら物騒な言葉がでてきました。

アドセンス狩りとは?

アドセンス狩りとは、自分のアドセンス広告が大量に不正クリックされたり、自分のアドセンスコードを盗まれて違法サイトに貼られることによって、アカウント停止に追い込まれることです。

なんて恐ろしい…

大量の不正クリックはなかったが、異常なアクセス数が発生している日があった

すでに書いた通り、大量の不正クリックはありませんでした。

しかし、アカウント停止メールが届く2日前の5/15に普段では考えられないほどのアクセス数がありました。

これを見てください。5/15の1週間前後のデータです。

ある日突然、平地にとんでもない高さの山が出現。あきらかにおかしくないですか?

とねっこ
とねっこ

それにしても普段少なすぎだなぁ…(´;ω;`)ウッ…

続いて5/15の詳細なデータです。

セッション時間0に加えて直帰率も100%…これは人間が普通に検索したり、操作をして出せる数値とは思えません。

アクセスされた地域は(not set)、アメリカ、日本の3ヶ所でした。

ちなみにアメリカの20のうち、18が(not set)でした。

(not set)は、Googleがユーザーのデータをうまく取得できなかったときに表示されるそうです。

参考記事>>>Googleアナリティクス上の(not set)/(not provided)とは? 定義から解決策まで

もしかして、アドセンスコードを盗まれた?

実は、アカウント停止メールが届いた同時期にtwitterでアダルト系のツイートをしている人にフォローされました。

そのため、「もしかしたらこういう人に自分のアドセンスコードを盗まれてアダルトサイトに貼られたのかも…」と疑っていました。

Adesenceヘルプ「コンテンツポリシー 禁止コンテンツ」に書かれている通り、アダルトサイトに広告を掲載することは禁止されています。

そして、「自分は不正行為を働いていません。おそらくアドセンスコードが盗まれたか、第三者による何らかの迷惑行為だと考えられます。」とGoogleに申し立てをしました。

申し立て後に知りましたが、現在は新仕様によって自分のコードを勝手に使用され不正クリックにつながる可能性がなくなったそうです。AdSense公式ヘルプフォーラムエキスパートの方の記事なので、信頼性が高いです。

参考記事>>>必須!アドセンス狩りの被害に合わないための対策と設定

Googleへの申し立て内容

原文ではありませんが、以下のような申し立て文を送りました。

自分も身内も無効な操作は一切していません。大量の不正クリックも見られませんでした。

5/15に普段では考えられないほどの異常なアクセス数が発生していました。

詳しく調べてみると、その日のアクセスのすべてがセッション時間0で直帰率も100%でした。通常の検索や操作で出せる数字とは思えません。

アドセンスコードを盗まれたなど、何らかの方法で第三者がPCなどの機械操作で私のサイトで不正行為を働いた可能性が高いと考えています。

しかし、仮にそうだとしても私が日々のアクセス確認を怠っていたこと、サイトを運営しているという意識の低さおよび知識不足は事実です。

貴社ならびに広告主様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

今後は日々のサイト分析を欠かさず、少しでも違和感を覚えたり疑わしい部分を発見次第、貴社の「無効なクリックの連絡フォーム」よりご連絡し、早急に対策・対処に努める所存です。

申し立ての受領メールには返事に1週間程度かかると書かれていました。

しかし、たった1日足らずで「あなたのアカウントは再開できませんよ」と返事が届きました。

とねっこ
とねっこ

結局何か原因だったのかはっきりしなかった。

もやもやする…

最後に

嬉しいのか悲しいのか分かりませんが、アドセンス収益は0に等しかったので損はしませんでした。

せっかく合格したのにたった2ケ月でアカウント停止になってしまったことが残念です。

しかし、クリック報酬型広告はアドセンスだけではありません。以下の記事が参考になります。

参考記事>>>【2019年版】クリック報酬型アフィリエイトサービス10選!稼げるのは?

 

次の記事>>>【Googleアドセンス】アクセス数が少ない、自分で広告を表示させすぎてもアカウント停止になる!【2019年5月】

コメント

タイトルとURLをコピーしました