デジタルイラスト

【デジタルイラスト初心者向け】クリスタで簡単に色塗りをしたいなら自動選択ツールを使ってみよう

こんにちは、とねっこです。

ペンタブでラフや線画を描くことに慣れてくると、きちんと色塗りもして最後まで仕上げてみたいですよね。

色々な塗り方がありますが、おそらく初心者の方は一番とっつきやすいアニメ塗りから始めて、塗りつぶしツールを使うことが多いのではないでしょうか?

私もつい最近、塗りの基本だと言われているアニメ塗りから覚えることにし、塗りつぶしツールで塗っていました。

ただ、

  • 塗りつぶしツールを使っても細かい部分の塗り残しが多い
  • 髪の毛など線が多くなる箇所はドラッグして塗るのも手間がかかる
  • 線の部分まできちんと塗られてなくて白っぽくなる

このような悩みがあり、「この後塗り残しを全部塗らないといけないのかぁ・・・」と色塗りがおっくうになりがちでした。

そんなとき知ったのが、自動選択ツールです!

塗りたい範囲を選択して一気に塗るというものなんですが、これによって塗り残し部分がかなり減り、線の部分もきれいに塗られるようになりました。

当記事では2つの違いが分かりやすいよう、

  • 塗りつぶしツール使う塗り方
  • 自動選択ツールを使う塗り方

をそれぞれ画像付きで説明していきます。

塗りつぶしツールを使う塗り方

塗りつぶしツールを使う場合、

  1. 色を塗りたいレイヤーを選択
  2. パレットから色を選択
  3. 塗りつぶしツール(他レイヤー参照)で塗る

人によって順番は異なるかもしれませんが、だいたいこうだと思います。

今回は髪を塗っていきますが、上記の方法だと線と線で囲まれている部分が塗られてこんな感じになります。

 

②さらに髪全体を塗りつぶすため、ドラッグしながら塗り進めていきますよね。

 

③髪全体を塗り終えましたが、遠目から見ても毛先などの塗り残しが目立ちます。

 

拡大してみると結構ひどいです・・・

 

そして線の部分も白っぽくなっていて、きれいに塗られていません。

今までならこの後、「ペンツール」や「塗りつぶしツールの塗り残し部分に塗る」で地道に塗っていました。

これが自動選択ツールを使うことによって手間が大幅に省けるんです!

自動選択ツール使う塗り方

①塗りつぶしツールを使う塗り方と同様にまず、

  1. 色を塗りたいレイヤーを選択
  2. パレットから色を選択
  3. 塗りつぶしツール(他レイヤー参照)を選択

ここまで進めます。

その後、自動選択ツールをクリックします。(魔法のステッキのようなマーク)

 

②カーソルがステッキマークに変わります。

(正しい名称か分かりませんが、ここではステッキマークと呼びます。)

 

③髪の部分をクリックすると、選択された部分が点線で囲まれ、同時にキャンバス上にグレーのバーが表示されます。

 

④このバーの中の「塗りつぶし」をクリックすると、点線で囲まれた部分が塗られます。

 

きれいに塗られたようです。

「選択を解除」をクリックして確認してみると、

 

なかなかいい感じですね!

同じ要領で残りも塗っていき、塗り終わったらグレーのバーの中の「選択を解除」をクリックします。

 

⑤髪全体を塗り終わりました。

多少の塗り残しはあるものの、塗りつぶしツールのみの場合より少ないですし、この後細かい部分を仕上げる作業がとても楽になりました。

比較してみると、その違いは一目瞭然です。

 

・塗りつぶしツールver

 

・自動選択ツールver

最後に

自動選択ツールの存在を知ったとき、「こんな便利な機能があったのか!」と驚いたのと同時に、「今まで塗り残し部分を地道に塗っていたあの時間は何だったんだろう?」と悲しくなりました。

まだまだ知らない機能がたくさんあるので、絵を描いていきながら少しずつ覚えていきたいですね。

今後も初心者目線で気が付いたことがあれば都度記事にしていきます!


ABOUT ME
とねっこ
とねっこ
北海道在住の30代。馬や猫などの動物、絵を描くことが好きです。 このブログでは美容、デジタルイラスト、日常の出来事などジャンル問わず発信しています。うつになって毎日絶望していた日もありますが、今は元気です。これからはアイコンの馬のように適度にゆるく・陽気に・穏やかに生きていきたい。