【SNS疲れ】ブロガーの私がツイッターをやめた3つの理由

ブログ運営

こんにちは、とねっこです!

「ブログを始めるならツイッターも始めよう!」

いまや、たくさんの有名ブロガーさんがこのように仰っています。

かくいう私もあるブロガーさんの影響で、当ブログ開始からまもなくツイッターも始めました。

その理由は、

  • 同じ目的を持つブログ仲間を作ってモチベーションをアップさせるため。
  • ブログ初心者の頃は検索結果に記事が出にくいので、ツイッターを通して読みに来てもらうため。

です。

しかし数ヶ月ツイッターをやってみて分かったのは、「他人と自分を比べがちで豆腐メンタルの私には合わなかったな」と言う結果でした。

私がツイッターをやめた3つの理由

他のブロガーさんと自分と比べてしまいがちで負担になっていたから

主にブロガーさんをフォローしていたので月初の成果報告はもちろん、

やばい!今日〇万円も発生した!

今日〇千PVもいった!

と、TLに喜びの報告が流れてくることが多かったです。

そういう喜びを表現するのももちろんありだと思います。

「この人もがんばってるんだ、よし自分もやるぞ!」とやる気の原動力になる人もいるでしょう。

でも、他人と比べてしまいがちな自分にとっては逆に負担になっていました。

「成果報告」や「収益報告」などのキーワードをミュートにしても、何故かすり抜けてTLに流れてくるんです。

正直、そういう報告は自分のブログでやってほしいなとも思いました。

まあ、自分も過去に一度だけ

 

とねっこ
とねっこ

やっと一日のPV数が200を超えるようになった!

人よりペースは遅いだろうけどここまでよくやった自分!

 

的なツイートをしたので、人のことを言えませんけどね。

スルーすればいいだけの話なのにそれができなかったんです。

他人と比べても仕方ないのは分かっていても、しっかり結果を出している人とほとんど出していない自分を比べては劣等感でいっぱいになっていました。

いいね!やリプを待っている自分に嫌気がさしたから

ツイッターをやっている人なら体験したことがあると思いますが、自分のツイートやリツイートに対してたくさんのいいね!やリプが来るとやっぱり嬉しくありませんか?

その喜びを一度味わうと、

「こんな自分でも共感してもらえるんだ、もっと認められたい!」

って気持ちになるんですよね。

共感されそうなツイートを考えてはみんなの反応をずっと待って、いいねがつかなかった価値のないツイートは削除して。

でもだんだんと、そんな数字ばかりにとらわれて一喜一憂する自分に冷めていきました。

一時的に認められても、明日になればみんな自分のツイートなんてきっと忘れています。

情報があふれかえったTLの中に埋もれていくだけです。

もうブログを書くことよりも夢中になっていました。ツイッター8:ブログ2くらい。

そして、「ツイッターはそんなに時間を費やしてまでやることなのか?」と疑問を抱くようになりました。

つきあいでフォローやフォローバックすることに違和感を覚えたから

最近までとあるコミュニティに入ってたんですよね。

同じコミュニティの仲間なので、最初は積極的にフォローやフォローバックをしていました。

一部の人と何度かやりとりしたんですが、それはたしかに楽しかったです。ほんとに。

でも新しいメンバーが増えるたび、フォローやフォローバックをしていくことに違和感を覚え始めました。

 

とねっこ
とねっこ

ツイッターってつきあいでフォローするものなの?

「この人のツイート見たい!」と思った人をフォローするものなんじゃないの?

 

なんかおかしいとは思いつつも、他のメンバーはフォローしてるのにこの人をフォローしなかったら不快にさせるかもしれない。

嫌われるかもしれない。

だけど、きっと相手も別に私のツイートが見たいわけじゃなく、メンバーだからフォローしているだけ。

なんなんだろうなぁ…

モヤモヤした気持ちのまま、義務的にフォローを繰り返していくことに疲れてしまいました。

思い切ってツイッターをやめてみたらスッキリ!本当はずっとやめたかったんだ

アカウントを削除する前に自分なりにツイッターとのつきあい方を工夫しました。

  • 見たくないツイートをする人をミュートにする。
  • 純粋に「この人のツイートを見たい!」と思った人たちのリストを作る。
  • ツイッターの頻度を減らす。

にもかかわらず、リストを作ってもやっぱり一番最初に目に入るTLを見てしまったり、頻度を減らしてもつい気になって見てしまっていました。

意志の弱い自分はアカウントがある限り見てしまう。

それなら一度スパッと切ってしまおう…ということで今回削除に至りました。

意外と削除ボタンを押すのにためらいはなく、なんともあっさり。

ログインできなくなった画面を見てなんだか清々しい気持ちになりました。

本当はずっとやめたかったのに自分の気持ちにふたをしていたんでしょうね。

最後に

全体的にどよ~んとした暗い内容になってしまってすみません・・・

ただ、私のように

  • 他人と自分を比べてしまいがち
  • いちいち細かいことを考えすぎ
  • 相手の本心かどうか分からないのに相手の感情を深読みしすぎ

このような人は無理してツイッターを利用する必要はないと思います。

その分、分からないことは自分で調べて一人で作業して、他の集客方法を考える必要があるでしょう。

でも毎日嫌な気持ちで過ごすのはつらいですよね。

もしあなたも今、ツイッターに疲れているなら距離を取ってみてはどうでしょうか?

アカウントを削除しても30日以内なら復活できます。

もしかしたら日常生活が充実するきっかけになるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました