美容

初めてアンダーヘアの自己処理をする女性に伝えたい3つのこと

こんにちは、とねっこです。

アンダーヘアの処理を初めて自分でする場合、どんなものを使ったらいいのか、何か注意することはあるのかなど疑問や不安がありますよね。

この記事では、そのような不安がある女性に向けて以下の3つをお伝えしていきます。

  • アンダーヘアの処理には専用の商品を使うことをおすすめする理由
  • 私が実際に使っている商品
  • 処理するにあたって注意すること

自慢じゃありませんが私は30数年間、処理という処理をしたことがありませんでした。

きちんとするようになったのはつい最近のことです。

そんな私でもこれからお話しする方法できちんと処理ができました。

初めての人でも専用の商品を使って正しく行うことによって、自宅でも安心してアンダーヘアの処理ができます。

アンダーヘアの自己処理は専用の商品を使わないといけないの?

そもそもアンダーヘアの処理は、一般的なハサミやカミソリではダメなのかと疑問に思いませんか?

家にあるものや安いもので済ませられるのであればそうしたいですよね。

しかし個人的には、専用の商品を使った方が良いと考えます。初めての人は特に。

自分からは見えにくいデリケートな部分なので、常に皮膚と一定の距離を保ったり、深剃りできないよう設計されたものを使う方が安心して処理できます。

今までほとんど処理経験がなかった私は、

「なるべくお金かけたくないし、普段顔の産毛処理に使ってる眉カットのハサミとカミソリで済ませようかな」

と最初は考えました。

でもよくよく考えると、

「自分からは見えにくい部分にそういうものを使って大丈夫なの?」

と心配になったんです。

今時のカミソリは敏感肌向けのものやセーフティガードがされているものがほとんどですが、それでも新品だと結構剃り味がいいですよね。

ハサミも刃先が丸くなっていたとしても、万が一手元がくるってしまったら・・・

また、安全面の他にもハサミやカミソリでカットした後のデメリットも気になりました。

ハサミやカミソリでカットすると毛の断面がとがってしまうので、下着に刺さったり、チクチクしてしまうそうなんです。

これらの理由から、私は現在の2つの商品を使ってアンダーヘアの処理をしています。

 

アンダーヘアの自己処理をするときにおすすめの2品

私は部位ごとに分けていて、

  • Vラインにはヒートカッター
  • Iライン&OラインにはLCラブコスメのIラインシェーバー

を使っています。

それぞれご紹介していきます。

ヒートカッター

ハサミやカミソリでカットした後のデメリットを考慮し、ヒートカッターを購入しました。

ヒートカッターはハサミやカミソリのように刃物で切るのではなく、熱線で毛を焼き切ります。

熱線で毛を焼き切ることで断面が丸くなり、下着に毛が刺さったり、チクチクするのを減らすことができます。

「えっ、焼き切るの!?やけどしない!?」

と不安になると思いますが、発熱線と皮膚の距離を一定に保てるよう設計されているので安心してください。

未だに下着に刺さることがあるものの、その頻度や本数はかなり減りました。

ヒートカッターの詳しいレビューは以下の記事を読んでみてください。

Iラインシェーバー

「IラインとOラインもヒートカッターでもいけるかも?」

と思って何度か試みましたが、体勢がきつすぎて無理でした。

そこで購入したのが、LCラブコスメの「Iラインシェーバー」です。

\一番お得に購入できるのは公式サイト

T字型の電動シェーバーなんですが、鏡を見ながらデリケートゾーンのラインに沿ってシェーバーを動かしていくだけなので、ヒートカッターほど体勢がきつくありません。

その名のとおりIラインの毛を剃るためのものですが、Oラインや他の部分にも使えます。

ただ、デリケートな部分のお手入れをするためのものなので、安全上深剃りできない設計になっています。

IラインとOラインに使ったあと肌に触ってみると、ザラザラした感触があります。

「Iラインをツルツルにしたい!」という人にはおすすめできませんが、

「ツルツルにならなくてもチクチクとした不快感をすぐになんとかしたい!」という人には一度試してみてほしいです。

Iラインシェーバーの詳しいレビューは以下の記事を読んでみてください。

 

アンダーヘアの自己処理をする場合の4つの注意点

専用の商品を使う場合も過信せず、あせらず慎重に行う

アンダーヘア専用の商品といっても、正しい使い方をしなければ大事な部分に傷がついてしまう可能性もあります。

あらかじめ説明書をよく読み、正しい使い方を理解したうえであせらず慎重に行いましょう。

もしいきなりアンダーヘアに使うのが心配な場合は、

  • ヒートカッターなら髪の毛を1本抜いて練習する
  • Iラインシェーバーなら腕や足など自分からよく見える部分で練習する

などを試してみてください。

処理前にデリケートゾーンを清潔にする

排泄器官のすぐ近くなので、事前にお風呂場できれいに洗うか、それが難しければせめておしりふきシートなどで拭いてから処理することをおすすめします。

先ほどご紹介したヒートカッターとIラインシェーバーは水洗いできません。

汚れたままのヒートカッターやIラインシェーバーを何度も使うのは、衛生的にも気持ち的にもよろしくないと思うので。

私は処理前に関わらず、デリケートゾーンの洗浄にはLCラブコスメの「ジャムウハーバルソープ」を使っています。

\一番お得に購入できるのは公式サイト

 

泡立てたら気になる部分に3分パックして洗い流すだけなので、普段のお風呂タイムに簡単に取り入れられます。

生理中のデリケートゾーンのにおいが気になっていましたが、使い始めて10日も経たないうちにほとんどしなくなりました。

ジャムウハーバルソープの詳しいレビューは以下の記事を読んでみてください。

処理後はきちんと保湿する

処理後はきちんと保湿します。

安全設計の商品を使っていたとしても、少なからず肌はダメージを受けているはずです。

現在、LCラブコスメの「プエラリアハーバルジェル」を使っています。

ここまでLCラブコスメの商品を3つも紹介していますが、回し者じゃないですよ?(笑)

レビューを書きたいところですが、まだ使い始めて間もないのでもうしばらくしてからご紹介したいと思います。

かゆみが出る場合もある

個人差があると思いますが、私が初めてアンダーヘアの処理をしたときに少しかゆみが出ました。

2日に分けてVラインの毛をヒートカッターで約2cmくらいに揃えたんですが、粘膜に刺さってるような、短い毛同士が触れ合っているようなチクチクとした感じです。

幸いぬり薬を使うほどではなかったので、とりあえず手持ちの乳液やヘアトリートメントをぬって様子を見ました。

かゆみは20日ほど続き、毛が伸びてくると落ち着きました。

今まで毛で覆われていた場所が急にすっきりしたので、防御力が下がったのかもしれません・・・

初めてなのにいきなり短くしすぎたかなと反省しています。

 

最後に

本当は脱毛サロンに行く方がきれいになるし、仮に伸びてきても処理する頻度が減るので楽です。

それはミュゼでの腕脱毛で経験しました。

でも費用や通うための時間などの理由で、行きたくても行けない人はたくさんいると思います。

さらに今は新型コロナウィルスの影響で、外出や人との接触を避けなければいけない状況ですよね。

そんな中でも「アンダーヘアの処理をしてきれいになりたい」と考える人に向けて、今回この記事を書きました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
とねっこ
とねっこ
北海道在住の30代。馬や猫などの動物、絵を描くことが好きです。 このブログでは美容、デジタルイラスト、日常の出来事などジャンル問わず発信しています。うつになって毎日絶望していた日もありますが、今は元気です。これからはアイコンの馬のように適度にゆるく・陽気に・穏やかに生きていきたい。
同じカテゴリの記事